オフィスでのハウスキーピング:企業のエネルギー使用量削減のヒント

事業所は将来の需要を計画しなければならない。ロボット掃除機の比較ツールを利用するような省エネルギープラクティスや機器でエネルギー消費を削減することで、環境に良い影響を与えることができます。この貢献がどれほど小さくても、集団行動は依然として大きな変化をもたらす可能性があります。詳細はこちら ロボット 掃除機 比較

電気を賢明に使用するという点では、費用がかからず安価であるという点で、家の周りには小さなことがたくさんあります。後戻りの請求書を現在および将来的に実現する消費者にとっては、払い戻しは重要な意味を持つ可能性があります。

ヒント1:シールエア漏れ

ヒント2:該当する場合は、断熱空気ダクトの作業を考慮してください。

ヒント3:プログラマブルサーモスタットを取り付けます。

ヒント4:ブラインドとシェードをウィンドウにインストールします。

ヒント5:屋内照明をコンパクト蛍光灯に置き換えてください。

ヒント6:屋外照明は、エネルギー効率の良い照明に置き換えることもできます。

ヒント7:電気食器洗い機とロボット真空掃除機比較装置を有効に活用する。

ヒント8:主要な家電を購入する場合、エネルギーコストを考慮する。

ヒント9:低価格のアプライアンスを購入する前に、アプライアンスのEnergySavingレーティングを考慮してください。詳細については、次のWebサイトを参照してください。 https://robot-life.jp/robot-hikaku-dekirukoto/